トップ  >  髪に関する話題・口コミ・人気最新情報紹介  >  頭皮シャンプーのために知っておきたい4つのこと


カスタム検索



>>公式オオサカ堂が繋がりにくい方は、<<
>>コチラから入れますっ!<<



頭皮シャンプーのために知っておきたい4つのこと

2011年07月09日



<1> スカルプケアの重要性

スカルプシャンプー花盛りの今日、 やっと男性にもスカルプケアの重要性が理解され始めたのかしれません。


スカルプケアは髪の生育の第一歩です。
スカルプ(頭皮)をしっかり洗いうことは、毎日お風呂やシャワーで身体を洗うことと一緒です。
よって、頭皮にたまる皮脂酸化物や汚れは、放置することによって、 細菌の繁殖を促し、フケやカユミ、さらには脱毛へと結びつく可能性があります。

スカルプケアをシャンプーで始める動機はいくつかあると思いますが、 その項目は「抜け毛が多い」「髪の分け目が薄くなってきた」「フケ」 「カユミ」「頭皮が脂っぽい」などがあげられます。
その上、各メーカーがスカルプケアシャンプーに力を入れだし、 一般の消費者もこれにつられて、消費が拡大したと思われます。



<2> 頭皮の皮脂について

スカルプケアに重要性はまず皮脂の分泌量によることが多いと思われます。
皮脂分泌が活発な「顔のTゾーン」よりも頭皮のほうが、2〜3倍多いとされています。 (男性は女性に比べやはり2〜3倍の皮脂分泌量があります)

脂腺の数(1センチ四方の平均)は、 顔100個、顔脂漏部位400〜900個に対し頭皮は900個。

頭皮の部位に関しての実験では、やはり前頭部や頭頂部の皮脂分泌が多く、 一方側頭部や後頭部は少なく半分以下です。
顔面のTゾーンの延長線上にあり、男性ホルモンとの関連性が示唆されています。



<3> 皮脂は頭皮にとって有用であるが、過剰存在すると逆の作用を示す

頭皮(毛穴)で分泌された皮脂は、皮脂膜を作り頭皮及び毛髪を保護する役割を持ちます。
それは「外部からの物質の侵入を防ぐ」「体内からの水分の蒸発を防ぐ」 「緩衝作用、殺菌作用」などがあげられます。


しかし、時間の経過とともに、酸化がすすみ、過酸化脂質へと変貌します。
過酸化脂質は細菌の温床となり、ニオイ、かゆみの原因となるほか、 毛穴に詰まると、毛根への刺激物となり、最終的には抜け毛の増加につながる可能性が指摘されます。


皮脂は分泌される時点ではさらさらしたものでありますが、 角質や汚れを含み、過酸化脂質になると非常に粘りの強い残滓物となます。
これは通常のシャンプーだけでは落としにくいものになってしまいます。


このように、スカルプ(頭皮)は顔面の皮膚以上に皮脂を分泌し、 毛穴に皮脂が残りやすい(もちろん髪があることによって、洗い落としにくい面もある)部分です。
ですので、スカルプ専用のシャンプーといえども、やはりしっかりマッサージをするようにして、 毛穴に詰まった酸化した皮脂までも洗い流すことが大切です。



>>公式オオサカ堂 各商品<<
>>リンク切れの場合はコチラから!<<





【更新】最安値プロペシアは
プロペシア(オーストラリア版)1mgです!
↑ぜひ、ご確認を!



>>公式オオサカ堂が繋がりにくい方は、<<
>>コチラから入れますっ!<<



スポンサード リンク
 





カスタム検索





育毛サイトランキングはコチラ!
FC2

ブログランキング

このページのトップに戻る


コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る



  1. このページのトップに戻る



育毛サイトランキングはコチラ!


検索フォーム

最新の記事

スポンサード リンク

プロペシアが激安で買える!!

只今更新!売れ筋ランキング!!

最近のトラックバック

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

トラックワード

  • SEO
  • loading
  • よく効く通販育毛剤【最安値】口コミ評価ランキング

RSSフィード